女子小学生のガリガリの悩み

私がおっぱいに悩んだのは小学6年生くらいの時です。やはり成長が早い子は生理も始まりスポーツブラジャーをしてくるようになります。私の体系は体重が増えなくてガリガリでした。胸が成長するなんてほど遠い体型をしていました。

スポーツブラジャーの体験

そしてその悩みのピークは中学生になったときです。中学2年のときはスポーツブラジャーや普通のブラジャーをしていました。そして中学2年同じクラスメイトから言われたことが「洗濯板に干しぶどう」ということを言われました。その意味は洗濯板があばら骨で干しぶどうが乳首ということでした。それから「前か後ろかわからない」意味は胸がないので前も後ろも同じに見えるということです。よくそのような言葉が思いつくなと思いましたが、正直ショックでした。

見返すにも見返せない私は太りたくても太れなくてその理由は陸上競技の長距離部に所属していたので太りたくても毎日走るので一緒でした。ですが、同じ陸上部で痩せていてもスポーツブラジャーくらいはできるくらい胸の膨らみはありました。私の1番仲のいい友達は中学生にしてDカップほどありました。体育の教室移動などはその子と一緒です。体操服なので明らかに胸の違いは目立ってわかります。他の子からも見られる目が違います。辛かったです。その子は胸が大きいので恥ずかしいと胸が大きいのが悩みでした。私からしてみたらうらやましいかぎりです。1番うらやましいと思うことが走ったときに胸が揺れることです。私は胸も小さいのでスポーツするにも重たくなく邪魔なるものはありません。走るのも早くて有利にはなります。唯一それが得かなと思いました。

中学を卒業してもう陸上部には入らないと決め高校のときにその巨乳の友達からテニス部に誘われてテニス部に入りました。ですが、貧乳は貧乳のままでした。成長期真っ只中に胸が大きくなるようにマッサージも結構しました。でも全然効果がありませんでした。中学時代や高校では合宿がありお風呂が共同だったりします。その時がとても恥ずかしく絶対人には見せられないと思います。銭湯にいくのもみんなは下の方を隠して歩きますが、私は断然胸だけは見られないように歩きます。おばあちゃんも胸がある人も多くてそこでも撃沈します。

私はブラジャーのサイズはAAカップでも余ります。冬なんかはしなくても全然平気です。夏になるとピタリとしたTシャツが着られません。胸がないのが強調されるので夏でも重ね着やフワッとした洋服を着ます。首もとが空いた服の時にふと胸元が見せて胸の谷間が見える人がいますが、うらやましいです。グラビアで水着を着て胸の谷間が見えるのがうらやましいです。私の胸なんかが見えようものなら不愉快を与えるとしか考えられません。

必ずしも男子は巨乳好きではない

といってもシリコンを入れてまで胸を大きくしたいなんて思いません。私の夫は胸が小さいことに関しては何も言いません。男は全員が巨乳好きなんだと小さいときから思っていたので意外でした。胸が大きいにこしたことはないみたいですが、夫はどうやら胸よりお尻派のようだからです。出産したときは授乳をしていたので1年間程だけ巨乳を味わえました。ピタリとしたTシャツが着られてなんか夢のような感じでしたがそして授乳期が終わったら胸が余計に垂れて今はやばい状態です。2人目を出産したら余計に垂れて垂れるどころがしぼんだように思えます。

自分の体を受け入れるということ

夫は自分の体型、体が恥ずかしいと思う必要はないといいます。それだけが心の支えになるなと思いました。私が胸が小さいことはどうにもできません。シリコンまで入れて整形しようとまでは想いませんので今の自分の体を受け止めてこれから生活していこうと思います。